私の作ったチョコは不味い。

ただでさえ憂うつなバレンタインに、「お返し」という文化(つまりホワイトデーな)があることを思い出し、さらに暗くなる。



あげて終わり、でいいじゃん。
お返しとかあるとあげるハードル高まるじゃん。向こうにまで重荷、めんどいことを強制することになるじゃん。

いま、去年同期のメンズに楽しい気持ちでアンパンマンチョコあげたらホワイトデーにちゃんとしたお返しもらったこと思い出しちゃったじゃん。申し訳なさにしずむわ。


思えば、毎年バレンタイン前日にのろのろと動き出し、どこ行ってもチョコが売り切れててキリキリしてるな。
スーパー数件まわってやっと板チョコ見つけて、たいして美味しくないなにか作って、ラッピングとかのようわからなさにまたキリキリして、ストレスの具現化みたいなカカオの塊を相手に押し付けてる。
そんなん、絶対不味いと思う。

こないだ「イライラしてるときに、美味しいものは絶対作れない」ってお母さんが言ってて、そういうものか、と思った。
私のチョコは絶対不味い。


お返し、を強制する文化は辛いし、なんなら男子に女子がチョコを贈ることが当たり前な文化も、わたしには辛い。
昔から、どんなことでも当たり前を強制されると辛くて、おかしくなりそうになる。
で、その文化の中に結局毎年組み込まれる上に、ちがう誰かにまた私もお返しの強制をしてるのかと思うともうほんとうにやだ。



いろいろ辛くてキリキリするので、もうバレンタインに手作りチョコなんて作らねー。市販上等。ISETAN上等。

で、お返しはものじゃなくて、なんか面白いことで返して欲しい。
(去年はそれで、元彼氏氏がお弁当を作ってくれてピクニックした。いいやつ。

組み込まれるのが辛すぎて、ハッピーであるべき日にアンハッピーになるキリキリ女。こんな女とハッピーな日をすごすのはすごくアンハッピーだと思うし、何度も言うけど、私の作ったチョコは不味い。

ねむい。ねる。