見逃さないでほしかった

私は人にお願いされるのが嫌いだ。
人に期待されるのも。

嬉しいと感じると同時にたまらなくプレッシャーを感じて期待に添えないことが辛くて辛くて、見ないふりする。

私生活を生きてて、人にお願いなんてしない。
私は、待つのが嫌なんだと思う。

自分が、自分の判断を相手に委ねて、相手の状況次第では自分の判断が可決されない。
自分の思った通りに動けなくなることが怖くてたまならない。
自分の大事な判断を他人に預けてしまっている状況がたまらなく怖い。

そんな力をどうでもいい他人に与えるなんて恐ろしすぎる。

お願いは好きな人にしかしない。
好きな人にだってそうしない。

お母さんやお父さんにするのだって気がひけるからしない。


だからこそ、頑張ってした個人的なお願いが叶わないとすごくすごく悲しい。

なんども叶わないとすごく悲しくて自分が壊れそうになる。

私は私のお願いは私とはなんなんだろう。
落ち葉のように、踏んづけられて粉々になってアスファルトの間に入り込んでいくようなそういうものなのだろうか。

びりびりに破ける。

お願いがないからこそお願いを見逃さないでほしい。すくい取ってほしい。見つけて拾い上げて叶えてほしい。

私のお願いを受け止めてくれる人に会いたい。